ユーラシア宮城


『砂漠の白い太陽』上映会


『砂漠の白い太陽』上映会

イベント日 2016年’7月 25日

イベント場所
宮城県仙台市青葉区青葉山無番地


ユーラシア宮城

人気度  人気[45][投票する]
最寄駅 地下鉄国際センター駅 最寄バス停 博物館国際センター前 駐車場 100
『砂漠の白い太陽』上映会
  ・ユーラシア映画上映会
『砂漠の白い太陽』(Белое солнце пустыни)
日時: 7月25日(日) 14:00〜(*新型コロナウィルス感染の急激な拡大に伴う、仙台市の「緊急事態宣言」及び宮城県への「蔓延防止等重点措置」発令により、会場閉鎖(使用不可)が5/5まで延長された為、開催が再度延期されました。https://www2.hp-ez.com/hp/eurasmiyagi/page15
会場: 仙台国際センター多文化交流センター研修室
内容: ロシア革命後の内戦も終わりに近づく頃、赤軍兵士スーホフは故郷への帰路、中央アジアの砂漠で盗賊アブドゥラのハーレムに遭遇し、彼女達を保護する決意をするが・・・。ヴィソツキーの人気挿入歌等も相俟って、のべ5000万人動員の大ヒットとなった、ウラジーミル・モティル監督の所謂「東部劇」で、日本でも「ソ連版ウェスタン」として公開。1969年、ソ連、84分、1998年ロシア連邦国家賞受賞。脚本: ルスタム・イブラギムベコフ、 バレンティン・イェショフ、監督:ウラジーミル・モトゥイリ、音楽: イサーク・シュワルツ、美術:ヴァレリー・コストリン、ベラ・マネヴィッチ、撮影: エドゥアルド・ロゾフスキー、出演:アナトリー・クズネツォフ、パヴェル・ルスペカエフ、スパルタク・ミシュリン、カヒ・カヴサゼ、ライサ・クルキナ、ニコライ・ゴドヴィコフ、タチアナ・フェドトヴァ、ムサ ドゥダエフ、ニコライ・バディエフ 他。資料・解説有。ビデオプロジェクターによる上映。参加費: 会員は無料、非会員は500円(一回分入会費として)。主催・問合せ:i日本ユーラシア協会宮城県連合会 022-263-4360 cheb@live.jp
  2016年’7月 25日
  昼間
  企画イベント
  ファミリー カップル シニア グループ
  宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
  『砂漠の白い太陽』上映会 周辺地図

※住所から位置を自動取得しておりますので多少の誤差が有る場合がございます。
ユーラシア宮城地図はこちら
  ユーラシア宮城
ユーラシア宮城
  ユーラシア宮城のイベント一覧
[Sponsored Link]
[Sponsored Link]
  PR:メール配信システム 花キューピット 目の病気 一覧 飛蚊症 白内障 緑内障