ユーラシア宮城


 「ロシアン・スナイパー」 上映会


 「ロシアン・スナイパー」 上映会

イベント日 2020年’8月 21日

イベント場所
宮城県仙台市青葉区青葉山無番地


ユーラシア宮城

人気度  人気[27][投票する]
最寄駅 地下鉄国際センター駅 最寄バス停 博物館国際センター前 駐車場 100
 「ロシアン・スナイパー」 上映会
  ・ユーラシア映画上映会 〜クリミアを舞台のロシア・ウクライナ合作映画〜
 「ロシアン・スナイパー」 Битва за Севастополь(セバストーポリの戦い)
日時: 8月21日(日)13:30 〜16:00頃
場所: 仙台国際センター 多文化共生センター研修室
内容: 第二次世界大戦中に計309人のナチス・ドイツ兵を射殺し、?死の女?と恐れられたソ連の女性狙撃手リュドミラ・パヴリチェンコの姿を描く、ロシア・ウクライナ合作の戦争恋愛映画。2015年、110分。あらすじ: 1941年、ナチスドイツによるソ連侵攻が始まった。まだ大学生だったリュドミラは、非凡な射撃の才能を買われ、戦場に身を投じる。狙撃兵として次々と標的を仕留めるリュドミラは、やがて敵からは“死の女”と恐れられ、軍上層部には英雄として讃えられ、戦意高揚の道具として利用されてゆく。戦場で芽生えた恋、愛する人の死、そして新たな出逢い。その間も戦況は悪化し、10カ月におよぶ壮絶なセバストーポリ(クリミア)攻防戦が開始された…。 監督: セルゲイ・モクリツキー、撮影:ユーリー・コロル。音楽:エヴゲニー・ガルペリン、美術:ユーリー・グリゴロヴィチ。配役:リュドミラ・パヴリチェンコ:ユリア・ペレシルド、エレノア・ルーズヴェルト:ジョアン・ブラックハム、レオニード:エヴゲニー・ツィガノフ、グリーシャ:ヴィタリー・リネツキー、バカロフ:オレグ・ヴァシリコフ、マーシャ:ポリーナ・パクホモヴァ、ボリス:ニキータ・タラソフ 他。資料・解説有。プロジェクターによる上映。参加費:会員は無料、非会員は500円(一回分入会費として)。主催・問合せ: 「日本ユーラシア協会宮城県連合会」022-263-4360  cheb@live.jp 
  2020年’8月 21日
  昼間
  企画イベント
  一人でも楽しめる
  宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
   「ロシアン・スナイパー」 上映会 周辺地図

※住所から位置を自動取得しておりますので多少の誤差が有る場合がございます。
ユーラシア宮城地図はこちら
  ユーラシア宮城
ユーラシア宮城
  ユーラシア宮城のイベント一覧
[Sponsored Link]
[Sponsored Link]
  PR:メール配信システム 花キューピット 目の病気 一覧 飛蚊症 白内障 緑内障